善雄です。

南米仁君が高熱に倒れ山本さんが階級に悩む中、それでも稽古はごりごりに進んでいます。
しかしともかく今は、仁君にはゆっくり休んでほしいものです。


本当に、熱をなめてはいけない。


そう、はっきり言えます。僕自身も先日、発熱したばかりだからです。
一応言っときますとわりと前なので僕が仁君にうつしたわけではありません。軽々しく人を疑うのはやめるべきだ。


1530061782625

あれは遡ること「ロリ餅まき」
の次の日、急に首のリンパが腫れました。

しかしほかに体調の悪化などはなかったためそのまま過ごしていたところ、一週間ばかりして急に熱が38度くらいまで跳ね上がりました。


「さすがにこれはやばい」と思い、次の日、朝一で近所の内科に駆け込みました。

朝一だったので、僕の前には一人しか待っておらず、
「よかった、すぐに診てもらえる…」
と思ったのもつかの間、そこから謎に1時間待たされました。いったいなにが起こったんだ。

もういい加減に呼ばれるだろう、さすがにそろそろ呼ばれるだろうと思い続けながら、気がつくと1時間が経っていました。人生でも指折りの無駄な時間だった。今なら、そう断言することができます。



1時間後、診察室の中からは、
「あらー!ごめんなさいねー、こんなにお待たせしちゃって!」
と、やたら元気そうな奥様が、そんな謝罪の言葉を大声で叫びながら出てきました。

元気そうに見えるけど1時間診察するくらいだから実際なにかのご病気なのでしょうが、寒い待合室で1時間待たされた結果、僕の体温はその時点で39度を記録しており、とてもその奥様に優しい目線を向ける余裕はありませんでした。


そしてようやく入れた診察室にて、僕の診察は3分で終わりました。

俳優の小日向文世さんによく似た医者に、3分で終わりっぽい空気を出されたときは、それまでの1時間を思い出して笑うしかありませんでした。
先生、医者とは、本当に大変なお仕事ですね。

その後その病院でもらった抗生物質と解熱剤は、悲しいほどによく効いてくれました。




そこから、時には40度の熱を出しながら、丸4日ほど寝込み、


IMG_2283 (1)

IMG_2283


熱が下がってふと鏡を見ると、知らないうちにガリガリに痩せていました。


この先仁君が戻ってきたら、お互いの闘病生活をねぎらい、
山本さんに、階級の増やし方を教えてもらおうと思います。






あ、せっかくなので最後に少し宣伝を!

所属している劇団の主宰が監督した映画が、本日より公開されました。
新宿バルト9ほかで、全国順次公開です。



映画「君が君で君だ」オフィシャルサイト↓
https://kimikimikimi.jp/


僕もめちゃくちゃほんの少しですが映ってます。
試写で見ましたが普通にすげえいい作品だったので、ぜひ劇場で!


どうぞよろしくお願いします。


善雄善雄












▼前の記事
«
▼次の記事
»