イトウ_IMG_20180204_214808 【名前】 イトウシンタロウ
【性別】 男
【血液型】 O型
【身長】 170cm
【出身】 静岡県
【最終学歴】 早稲田大学文学部卒
【趣味】 将棋、フルマラソン、キャンプ
【特技】 WEB・アプリ製作(html,css,JavaScript)
【好きな本屋】 池袋JUNKU堂
【好みのタイプ】 中身と外見が面白い女子 またはそれ以外の女子
【Twitter】 @ITO_Shintaro

NICE STALKER 主宰で劇作家・演出家のイトウシンタロウです。
東京都の劇場を中心に、台北など海外でも舞台作品の発表をしています。また、高校演劇部への出張講習・ワークショップをはじめ、大会の審査講評(東京都のほか、山梨県、茨城県、栃木県、兵庫県)なども積極的に行っており、さらに「本物高校生vs偽物高校生」と題してプロの俳優と高校生が共同で作品制作を行うWS公演を独自に開催するなど、中高校生を対象とした普及活動にも努めています。演劇活動のほか、デジタルゲームの企画製作(シナリオ&ディレクション)、小説の執筆連載、なども行っています。

【Name】 Shintaro ITO
【Gender】 Male
【Blood Type】 Type O
【Height】 170cm
【Born】 Shizuoka Prefecture
【Graduated from Waseda University, School of Letters.】
【Hobbies】 Shogi, full marathon, camping
【Special ability】 Web and application development (html, css, JavaScript)
【Favorite bookstore]】 Ikebukuro JUNKU-do
【I like girls who are interesting inside and out, or other types of girls.】
【Twitter】 @ITO_Shintaro

I am a playwright and director of NICE STALKER. I present my plays mainly at theaters in Tokyo, but also in Taipei and other foreign countries. He also actively conducts on-site training and workshops for high school drama clubs, as well as judging and critiquing competitions (in Yamanashi, Ibaraki, Tochigi, and Hyogo prefectures, in addition to Tokyo). Furthermore, he independently holds WS performances, in which professional actors and high school students work together to create works under the title “real high school students vs. fake high school students. We are also making efforts to promote activities targeting junior high and high school students. In addition to theatrical activities, the company also plans and produces digital games (scenario and direction) and writes novels in serial form.


●2014年「女子と算数」で佐藤佐吉演劇祭2014+「八洋特別賞 最優秀チャレンジ賞」「優秀宣伝美術賞」を受賞。
●2015年「表現の自由よりも大切なこと、あるいは無害な芸術の話『ロリコンのすべて』」で佐藤佐吉演劇賞2015にて、全団体中最多となる6部門「優秀脚本賞」「優秀主演女優賞」「最優秀音響賞」「優秀照明賞」「優秀舞台美術賞」「最優秀宣伝美術賞」を受賞。
●2016年「いきなり魔王」(シナリオ&ディレクション)でティラノゲームフェス2016準グランプリ[優秀賞]を受賞。日英ゲーム翻訳コンテスト「LocJAM JAPAN」課題作品としても選抜。

●2014 – “Girls and Arithmetic” received the “HACHIYO Special Award for Best Challenge” and “Excellent Advertising Art Award” at the Sakichi Sato Theatre Festival 2014+ for “Girls and Arithmetic”.
●2015 – Received the “Best Screenplay Award,” “Best Leading Actress Award,” “Best Sound Award,” “Best Lighting Award,” “Best Stage Design Award,” and “Best Advertising Art Design Award” in six categories, the most among all groups, at the Sakichi Sato Theatre Award 2015 for “All About Lolicon,” a story about something more important than freedom of expression, or harmless art.
●2016 – “Ikinari Maou” (planned, scenario, and directed by Shintaro Ito), which was exhibited and presented at the Tokyo Metropolitan Art Space Atelier East, won the Tyrano Game Fest 2016 Semi-Grand Prix [Excellence Award], and at the same time was selected for the Japanese-English game translation contest “LocJAM JAPAN”.

直近の海外上演歴 Recent Overseas Performances

●大稻呈国際芸術節2019(ダダオチェン国際芸術祭@台北)「Are you really a girl from the 1920s?」など。

● Dadaocheng International Arts Festival 2019 (Dadaocheng International Arts Festival at Taipei), “Are you really a girl from the 1920s?” etc.

■雑誌 journal
▼劇作家イトウシンタロウの月イチ・執筆修行日記!/「えんぶ」2020年4月号掲載
※次回公演に向け、真冬の滝行や4日間の執筆カンヅメ合宿等に赴くイトウの様子をセルフレポートした記事です。(同号掲載の「えんぶチャート2019」には、前年に行われた公演の「暴力先輩」や「本物高校生vs偽物高校生」に加え、それらの出演俳優たちがランクインし掲載されています。)
▼大稻埕国際芸術節(ダダオチェン国際芸術祭in台北)参加レポート/「えんぶ」2020年2月号掲載
※2020年1/9発売の「えんぶ2月号」に掲載された「NICE STALKER IN TAIWAN セルフレポート」記事です。2019年10月に台湾の大稻埕国際芸術節(ダダオチェン国際芸術祭)でやったNICE STALKER 初の海外上演の特集記事がカラー4頁で載っています!「台湾に縁もゆかりもない、中国語どころか英語もロクに話せない」自分たちが、どうして台湾で演劇をすることになったのか。冗談みたいな本当の話をまるっと載せていただきました。
▼エンカケ エンゲキ×ナゾカケ/シアター情報誌「カンフェティ」2020年5月号掲載
※3名のエンカケ人(ナゾカケをする演劇人)が「演劇」と4月のトレンドワードをかけ合わせたナゾカケを掲載するコーナーに、イトウが登場、掲載されました。(ちなみに、お題は編集部から出された固定の内容です。)
▼「自分にも社会にも多様性を」イトウシンタロウ・インタビュー/「えんぶ」2019年12月号掲載
※多様性やポリティカル・コレクトネスをテーマとした2019年の本公演「暴力先輩」の特集紹介記事として、同号最多ページの全8ページで特集していただきました。作品テーマについてのイトウへのインタビューの他、主演二人の対談、出演者や舞台写真の紹介等が掲載されています。
▼【イトウシンタロウ特集】ロングインタビュー6ページ(+公演紹介)/「えんぶ」2017年8月号掲載
※2017年7/9発売の「えんぶ8月号」に掲載されたイトウシンタロウのロングインタビュー記事です。作家・演出家としてのイトウのスタートから現在に至るまでの経緯や、内面について、4時間以上に渡るインタビューから超ページの記事にしていただきました。あわせて直近の公演「1999の恋人」の作品や出演者紹介等も掲載されています。(過去の記事ですが、電子版ならまだAmazon等で購入できるようです。)

他、掲載多数。
過去のメディア掲載については、各公演・企画ページから詳細を御覧ください。



他にも、多数の過去作の写真を公開しております。
各公演・企画ページから御覧ください。


■テレビ・ラジオ等 (イトウ個人名義)
2021:NHK FM ドラマ・青春アドベンチャー「当面の間、変身します『あくがれの君』」脚本

■舞台 (NICE STALKER名義)
※NICE STALKERでの過去公演の記録、舞台写真、アンケート全文をこちらで公開しています
2022:「新訳『あわれ彼女は娼婦』ワークインプログレス」スタジオ空洞
2021:【復活上演】「スペキュレイティブ・フィクション!」下北沢ザ・スズナリ
2020:【中止延期】「スペキュレイティブ・フィクション!」下北沢ザ・スズナリ
2019: 大稻埕国際芸術節(ダダオチェン国際芸術祭in台湾)[Tua-Tiu-Tiann International Festival of Arts]の時空劇場[Time Machine Theater-1920s]にて「Are you really a girl from the 1920s?」永樂廣場(台北市)
2019:「暴力先輩」下北沢ザ・スズナリ
2019:「本物高校生vs偽物高校生」新宿眼科画廊スペース地下(高校生参加型WS公演/劇中演目 畑澤聖悟 作「修学旅行」)
2018:「表現の自由よりも大切なこと、あるいは無害な芸術の話『ロリコンのすべて』」(再演)下北沢ザ・スズナリ
2017:「短編演劇見本市」池袋木星劇場
2017:「1999の恋人」下北沢駅前劇場
2016:「量子的な彼女」花まる学習会王子小劇場
2016:「箱入り彼女展示会003」東京芸術劇場アトリエイースト
2015:「表現の自由よりも大切なこと、あるいは無害な芸術の話『ロリコンのすべて』」王子小劇場
2015:「神様の言うとおり2~夏の夜の夢の超特急~」シアター風姿花伝
2015:「神様の言うとおり2~夏の夜の夢の超特急~βテスト」王子スタジオ
2014:佐藤佐吉演劇祭2014+「女子と算数」pit北/区域

■その他、作・構成・演出
2016:「リタの教育」山梨県立文学館講堂(演出補助/ドラマツルグ/WEB製作&フライヤーデザイン/広報/音響プラン/舞台監督/票券/制作進行/WSファシリテーター)
「神様の言うとおり~お客様は神様です~」池袋GEKIBA」
「RENTAL GIRLS BOX 002 箱入り彼女博覧会」渋谷GALLERY LE DECO 5
「Junk Stage 第二回公演」(構成・演出)モーダポリティカ
「GOOD DESIGN GIRL LOVES ART!」渋谷GALLERY LE DECO 5
「Junk Stage 第一回公演」(構成・演出)STAR PINE’S CAFE
「RENTAL GIRLS BOX 箱入り彼女展示会」新宿眼科画廊
「義理チョコ一掃クリアランス」ULTRA cafe

■ゲームシナリオ
2016:レトロRPG風コマンドバトル型謎解きゲーム「いきなり魔王」(TGF準グランプリ受賞)
Windows版 最凶恋愛ノベルゲーム「ヤンデレ小杉EX」
Androidアプリ 最凶恋愛ノベルゲーム「ヤンデレ小杉」
Androidアプリ 見守り系シミュレーションゲーム「幼女の一生」
他、ソーシャルゲーム等多数


■TV, radio, etc. (Itou’s personal name)
2021: NHK FM Drama, Youth Adventure “Transformation for the time being, ‘Akugare no Kimi'” (script)

■Stage (under the name of NICE STALKER)
(A record of past performances by NICE STALKER, stage photos, and the full text of the questionnaire are available here.
2022: “New Translation of “Aware She is a Whore” Work in Progress” Studio Hollow
2021: [Revival performance] “Speculative Fiction! Shimokitazawa The Suzunari
2020: [Postponed] “Speculative Fiction! Shimokitazawa The Suzunari
2019: “Are you really a girl from the 1920s?” at Time Machine Theater-1920s of Dadaocheng International Festival of Arts in Taiwan [Tua-Tiu-Tiann International Festival of Arts]. a girl from the 1920s?” at Yongle Plaza (Taipei)
2019: “Violence Senpai” at Shimokitazawa The Suzunari
2019: “Real high school students vs. fake high school students” at Shinjuku Ophthalmology Gallery Space Basement (high school students’ participatory WS performance/the play “School Trip” by Seigo Hatazawa)
2018: “More Important than Freedom of Expression or Harmless Art: “All About Lolicon”” (repeat performance), Shimokitazawa The Suzunari
2017: “Short Play Trade Fair” Ikebukuro Jisei Theater
2017: “1999 no Koibito” Shimokitazawa Ekimae Theater
2016: “Quantum Girlfriend” Hanamaru Gakkai Oji Small Theater
2016: “Boxed Girlfriend Exhibition 003” Tokyo Metropolitan Art Space Atelier East
2015: “More Important than Freedom of Expression or Harmless Art: “All About Lolicon”” Oji Little Theatre
2015: “As God Says 2 – Summer Night’s Dream Super Express” Theatre Kazeki Kaden
2015: “As God Says 2 – Summer Night Dreams Super Express – Beta Test” Oji Studio
2014: Sakichi Sato Theatre Festival 2014+ “Girls and Arithmetic” pit north/area

■Others, written, composed, and directed
2016: “Rita’s Education” Yamanashi Prefectural Museum of Literature Auditorium (assistant director/dramaturg/web production & flyer design/publicity/sound plan/stage manager/voting ticket/production manager/WS facilitator)
As God Says – The customer is God – Ikebukuro GEKIBA
RENTAL GIRLS BOX 002: Exposition of a Girlfriend in a Box” Shibuya GALLERY LE DECO 5
Junk Stage 2nd performance” (composition and direction) Moda Politica
GOOD DESIGN GIRL LOVES ART!
Junk Stage 1st performance” (composed and directed by STAR PINE’S CAFE)
RENTAL GIRLS BOX Exhibition” Shinjuku Ophthalmology Gallery, Shinjuku, Tokyo
Giri Chocolate Clearance” ULTRA cafe

■Game Scenarios
2016: “Ikinari Maou,” a retro RPG-style command battle type riddle solving game (TGF runner-up grand prix winner)
Windows version: The most dangerous love novel game “Yandere Kosugi EX
Android app The most dangerous love novel game “Yandere Kosugi
Android application: “Younger daughter’s life”, a simulation game about watching over a young girl
And many other social games, etc.


出演 Appearances

■TV
2009:「エゴイスト egoist 」20話 CX系
2009:「奥様は警視総監4」CX
2009:「筆殺!スクープ記者 嘉門公平」ANB

■舞台
2016:神保町花月×Confetti「エチュ1グランプリ2016リーグ」
2014:佐藤佐吉演劇祭2014+「女子と算数」pit北/区域
2011:Junk Stage 第三回公演「瑠璃の彼方に」スギタクミ演出 STAR PINE’S CAFE
2007:東京オレンジ「天国と地獄」下北駅前劇場

小川国男 日本芸術院会員就任記念「遠つ海の物語」
東京オレンジ「GO WEST」下北駅前劇場
「オキュパイ」佐藤健光演出 サンモールスタジオ
双数姉妹「君はヲロチ」新宿シアタートップス
リボルブ方式「錆びる動物」下北沢OFFOFFシアター
bird’s-eye view「36000秒」王子小劇場
東京オレンジ「DWAD POET SOCIETY」下北駅前劇場
ブラジル「バレンタインデーキス」王子小劇場
双数姉妹「オキュパイ~シアタートップスを占拠せよ」
ブラジル「センチメンタル草津」下北沢OFFOFFシアタ?
ブラジル「白濁色」高田馬場プロトシアタ?
東京オレンジ「Silent Swweper」中野・ザ・ポケット
他、多数

※上記に加え、劇団チャリT企画の作品(24公演)に劇団員として出演。


■TV
2009: “Egoist egoist” (20 episodes, CX)
2009: “The Wife is a Police Superintendent 4” (CX)
2009: “Brush Kill! Scoop reporter Kamon Kohei” ANB

■Stage
2016: “Echu1 Grand Prix 2016 League” Jimbocho Kagetsu x Confetti
2014: Sakichi Sato Theatre Festival 2014+ “Girls and Arithmetic” pit north/area
2011: Junk Stage 3rd performance “Beyond the Ruri” directed by Takumi Sugi, STAR PINE’S CAFE
2007: Tokyo Orange “Heaven and Hell” Shimokita Ekimae Theater

Kunio Ogawa Inaugural Commemoration of Japan Art Academy Member “Tales from the Distant Sea
2007: Tokyo Orange “GO WEST” Shimokita Ekimae Theater
Occupy” directed by Takemitsu Sato, Sunmall Studio
Souzoku Sisters “Kimi wa wolochi” Shinjuku Theatre Tops
Revolve method “Rusty Animal” Shimokitazawa OFFOFF Theatre
bird’s-eye view “36000 seconds” Oji Little Theater
Tokyo Orange “DWAD POET SOCIETY” Shimokita Ekimae Theater
Brazil “Valentine’s Day Kiss” Oji Little Theater
Twin Sisters “Occupy Theatre Tops”, Occupy Theatre Tops, Shimokita Theatre
Brazil “Sentimental Kusatsu” Shimokitazawa OFFOFF Theatre?
Brazil “Shirakudoiro” Takadanobaba Proto Theatre?
Tokyo Orange “Silent Swweper” Nakano, The Pocket
and many others

*In addition to the above, he has appeared as a member of the theater company in 24 productions of the Charity T Project.




お問い合わせはこちら