昨年2020年4/22(水)~26(日)の上演を延期していた「本当のSF『スペキュレイティブ・フィクション!』」の復活上演を行います。

復活上演は、2021年12/1(水)~5(日)の日程で、中止前と同じ下北沢ザ・スズナリにて、中止前と同キャストで行います。

コロナ禍による延期や中止を挟み、NICE STALKER 2年ぶりの公演となりました。何卒よろしくお願いいたします。

※上演タイムテーブルや、チケット予約の開始日については、感染症感染拡大の情勢を鑑みつつ、11月初旬頃に発表を予定しております。

本当のSF「スペキュレイティブ・フィクション!」
日程:2021年12/1水~5日
会場:下北沢ザ・スズナリ
作・演出:イトウシンタロウ

▼出演
善雄善雄(ゴジゲン)、太田ナツキ、イグロヒデアキ、佛淵和哉、大森翔吾、東京ドム子、日野あかり、藤本紗也香、藤本海咲、他?

STORY

「SFって聞いて『サイエンス・フィクション』の略だと答えるのは一般人。『すこし・ふしぎ』って答えるのは、訳知り顔の事情通。…だけど、21世紀も20年を過ぎて、今さら藤子不二雄もないでしょう?」 「じゃあ、先輩にとってSFは何の略なんですか?」

「…スペキュレイティブ・フィクション!」

「科学」では定義することのできない「不可怪」を再定義する思弁、熱弁、詭弁の数々。安易なボーイミーツガールには絶対なり得ない、小理屈と屁理屈に溢れたスペキュレイティブな物語。

※スペキュレイティブ・フィクションとは?
1960~70年代に巻き起こった「ニューウェーブ運動」において、「サイエンス・フィクションは大衆的で浅薄である」という偏見に対抗するために、「SF」を哲学的・思弁的(Speculative)な観点から捉え直す事を目的に掲げられた造語。

上演タイムテーブル

※開演時間、ステージ数の詳細は後日公開いたします。続報をお待ちください。

チケット

※チケットご予約の開始は2021年11月初旬を予定しております
※詳細は続報をお待ちください


会場:下北沢ザ・スズナリ 東京都世田谷区北沢1-45-15

暴力先輩_スズナリ地図切り抜き_w814h569_2019.6.16
【アクセス】
◎小田急線「下北沢駅」東口 徒歩8分
◎京王井の頭線「下北沢駅」中央口 徒歩8分


スタッフ

制作:横井佑輔(Play Plan)
舞台監督:水澤桃花(箱馬研究所)
音:北島とわ(Portowal birch)
照明:一場美紀(DISCOLOR Company)
美術:渡部美和(SABI. iro .design)
宣伝美術:藤尾勘太郎
スチール:あかさかくみ
協力:株式会社メディアライブ
企画・製作:NICE STALKER 製作委員会


お問い合わせ

→公演・ご予約に関するお問い合わせは、 こちらの【お問い合わせフォーム】へどうぞ!



▼前の記事
«
▼次の記事
»