前回『2016年7/8(金)~10(日) 短編演劇見本市 @東京芸術劇場アトリエイースト』の様子


『NICE STALKER 短編演劇見本市』
2017年12/27(水)~12/31(日)@木星劇場
作・演出:イトウシンタロウ




▼ご意見・ご感想ほぼ全文公開!(SNS感想まとめリンク付き)


▼舞台写真を公開!


▼出演
帯金ゆかり、フジタマコト、藤本紗也香、山本光
イグロヒデアキ、佛淵和哉、大森翔吾
瀧啓祐・角井泰恵、佐藤桃子、清野希望叶、東京ドム子


上演権と台本、あなたに差し上げます!

――NICE STALKERの過去作4本&新作短編2本、計6作品をオープンIP化!

「好きな女優さん達に告白されたい」という一心で書いて演出し主演までした黒歴史…もといラブレターのような過去の短編が何本かあるのですが。供養もかねて、野に放つ事にしました。

「オープンIP化」と銘打つとおり、会場へ観に来てくれた方全員に、「上演台本」と「上演権」を差し上げます。

まず、僕たちが見本として作品を上演します。それを観て気に入ったら、あなたもこれらの作品を、どこかで上演してください。うるさいことは何も言いません。いろんな方に、いろんな所で、上演してもらえたら嬉しいです。

(台本はPDFデータで差し上げます。印刷して何部でも稽古場で配ることができます。脚色、潤色、変更、カット…好きなようにしてください。簡単な演出ノートと解説も付けます。)

さらに今回は、過去作に加え、本公演ではまだ上演できない企画開発中の新作も、2つお付けします。大盤振る舞いですね。

年の瀬に大変恐縮ですが、僕の黒歴史…もとい、NICE STALKERの短編演劇見本市にぜひ足をお運びください。


作・演出/イトウシンタロウ

※「オープンIP化」についての詳細な解説を⇒こちらに公開しています

タイムテーブル

12月
27(水)    16:30N/19:30S
28(木)    16:30S/19:30N
29(金)13:30S/16:30N/19:30S
30(土)13:30N/16:30S/19:30N
31(日)13:30S/16:30N
※本公演は「NICEバージョン」と「STALKERバージョン」の2バージョンがあり、それぞれ異なる3演目を上演します。各バージョンの上演作品と出演者は下記「上演作品一覧と出演者」を御覧ください
※上演時間は各バージョン60分前後を予定
※開場・受付開始はともに開演の30分前から
※開演の5分前を過ぎると、状況によってはお席のご用意が難しくなる可能性がありますので、お早めにご来場ください。

上演作品一覧と出演者

▼NICEバージョン

①「霊媒遊戯」
出演:大森翔吾、角井泰恵
▼演目紹介
「去年のお盆にも、わたし、駿之介くんに会ったでしょ、そしたらみんな、急に駿之介くんのことは忘れろって言い出して…わたし絶対忘れるもんかって!」
霊媒、口寄せ、降霊術。ランドセル、一眼レフ、水着シーン…純粋で邪で霊的な小学生カップルのお話。

②「マンガみたいな」
出演:帯金ゆかり、藤本紗也香
▼演目紹介
「長い。長いよ。あんたの話は。どうして今そんな難しい話を聞かなきゃいけないの?ホントそういうところが大嫌い」
わたしはお姉ちゃんが苦手だ。でも大好きだ。苦手と好きは共存できる、そういうお話は、きっとある。マンガみたいな。わたしとお姉ちゃんの話。

③「計算姉妹」
出演:佛淵和哉、山本光、清野希望叶、角井泰恵
▼演目紹介
「ねえ、ネリー。約束したわよね、わたしたち3人、抜け駆けはしないって。先生はみんなの先生なんだから。1人は3人じゃ割り切れない。いつまでも9が続いて苦しいだけよ」
20世紀最後の巨匠と謳われた、バルタザール・ド・イトウ・ローラ。その偉大な名声と、姉妹と論理と幾何のお話。

▼STALKERバージョン

①「暴力先輩」
出演:フジタマコト、イグロヒデアキ
▼演目紹介
「先輩、それ、もう犯罪に片足突っ込んじゃってますよ」
「馬鹿やろう、両足だぁ」
正義で目の曇った先輩はなんだってできる。落ち度のある相手には何をやってもいい、それが21世紀ルール。炎上必至…暴力先輩と現代社会、ときどき私のお話。

②「宇宙には行けない」
出演:佛淵和哉、東京ドム子、佐藤桃子
▼演目紹介
「人の心はね、その人の住んでいる場所の景色に似るものなの。町は住んでいる人たちの心が作り出す模様だから。…この町の夜には、魔物が住んでいるのよ」
中学生の想像力は無限大。想像と創造が織りなす、性と可能性と量子と力学のお話。

③「友達以上」
出演:瀧啓祐、山本光
▼演目紹介
「はっきりしろよ、お前、俺のことどう思ってんだよ?」
「友達以上、恋人…以下」
命の1つや2つ惜しくない…そう言って格好つけるほどでもない、友達以上恋人未満…でもない、半端で一途な2人の話。

チケット


▼料金
・ご予約/当日共:2300円
・高校生以下:1000円(各回5枚限定)
 ※要学生証、または年齢を証明できる証明書類
☆本公演は1Drink制です。別途ドリンク代500円を頂戴します


会場:木星劇場 豊島区西池袋5-1-5 第二春谷ビルB1

mokusei_map-744x521

【アクセス】
◎池袋駅西口側 C3出口から徒歩約10秒

スタッフ

制作:横井佑輔
演出助手:関智恵
宣伝美術:m田
WEB:イトウシンタロウ
技術協力:STUDIO OVER DRIVE
製作協力:株式会社メディアライブ
企画・製作:NICE STALKER

お問い合わせ


→公演・ご予約に関するお問い合わせは、 こちらの【お問い合わせフォーム】へどうぞ!


プレスリリース・宣伝用素材


↑各メディアの方は、こちらからダウンロードしてご利用ください。 ※Zipファイルに圧縮してあります。

※公演「短編演劇見本市2017」について、ご紹介する資料・前回公演の舞台写真、および団体プロフィール等です。

※リリース資料内の文章内容、情報および写真等は、WEB・紙面を問わず、本公演および本公演に関連付けて団体・出演者を紹介する目的であれば、各媒体でご自由にお使いいただいて構いません。

※リリース資料内のテキスト、写真、図表、イラストなどの著作権・肖像権等は、作成者・撮影者・モデル本人に帰属しますので、本公演に関する各媒体での紹介以外の利用は認めておりません。二次利用等は、固くお断りいたします。

※もしお手数でなければ、事後でかまいませんので、掲載時ご一報いただけますと、大変幸いです。こちらの団体の公式サイトで、是非紹介させていただきます。

※ご不明な点は、お問い合わせください。





▼最新情報を最速でお知らせします

▼NICE STALKER メルマガ
※ナイスストーカーの公演や割引等の情報をメール配信してます
※配信頻度は少なめです(年に数回以下)


 メルマガを登録します!
↑チェックして「登録」を押してください



1 / 29712345...102030...最後 »


前回公演『1999の恋人』の舞台写真、出演者の声、そしてイトウシンタロウの「ロングインタビュー」&「帯金ゆかり 特別寄稿記事」などなど、たっぷり8ページ掲載された、『えんぶ』(2017年8月号)は本日7月10日(月)発売です!

39adc55c-s ↑表紙、右下にいるイトウと帯金さんが目印です!全国の書店の他、インターネットでの通販、電子版もご覧いただけます!

たっぷり8ページの特集記事とロングインタビュー。もう、読みごたえしかありません!

09fcaef4 ↑横開きの雑誌ですが、ここだけ縦に読むページになります。

fe5233bd ↑出演者の紹介と声、イトウのロング・インタビュー

74879aef ↑帯金さんの特別寄稿コーナーもあります。

6edebeae 全国の演劇女子高生のみなさんは、ぜひ鑑賞用と保存用で一人200冊ずつ買いましょう!

▼ネットでの購入ページ
『えんぶ』no.6(2017年8月号)7月10日(月)発売! | 雑誌【えんぶ & 演劇ぶっく】



1 / 29712345...102030...最後 »

佐藤佐吉演劇賞 歴代最多6部門受賞の問題作をリライト再演

ロリコンのすべて2018_情報公開画像_2017.7 初演から2年、「再演の予定はないのか?」「DVDの通販は?」「無修正版のフライヤーを売って欲しい」未だ多数のお問い合わせがあり、公演ページへのアクセス数が上演時から増え続けている、NICE STALKERきっての問題作…「ロリコンのすべて」を2018年8月に、下北沢ザ・スズナリで再演する事が決まりました!

▼初演時、演劇ぶっく誌に掲載された、特集4ページ記事 展示の様子_5661 ――残虐な人殺しの物語は巷に溢れているのに、何故「ロリコン」作品ばかりが「規制」されるのか?

芸術は「邪悪」の二次創作であるという視点から、「ロリコン」という題材について、「邪悪を描いた作品」もまた「邪悪」なのかを、真正面から問いかける作品です。

決して、安易な「表現の自由」を礼賛する作品ではありません。
上演はもちろん「全年齢対象」です。※18歳未満の方でもご覧いただける内容です。

2020年に東京オリンピックをひかえ、政府が、国連基準に合わせたサブカルチャー規制の機運を高めている昨今。「社会にとって有害かどうか?」を語る前に、まず、あなた自身が「子どもの裸」をどう思うのか…そういうお話です。

表現の自由よりも大切なこと、あるいは無害な芸術の話
「ロリコンのすべて」

2018年8月15日(水)~19日(日) 
会場:ザ・スズナリ
作・演出:イトウシンタロウ

※ロリコン割引:身長149cm以下の女子は観劇無料
※キャスト等詳細は、順次発表いたします


1 / 29712345...102030...最後 »


昨年夏、東京芸術劇場アトリエイーストで開催し、演劇界初の「演劇作品のオープンIP化」として注目を集めた「短編演劇見本市」。今年2017年も12月末、新たな6篇を用意して開催します!

短編演劇見本市_情報公開画像_2017.7 ↑昨年夏、第1回開催時の様子

第一回開催後、6団体から上演報告をいただきましたが、今回も「お芝居」をご覧になったすべての方に「上演権」+「上演台本」を差し上げます!

「短編演劇見本市002」

2017年12月27日(水)~31日(日) ※5日間12ステージ
(1上演につき短編3本×2バージョン=述べ6作品)
会場:池袋 木星劇場
※高校生割引有り(各回枚数限定)
※キャスト等詳細は、順次発表いたします


細かいことは一切言いません! 気に入ったら、どんどん上演してください!

チケット料金だけで、

①試演の観劇
②戯曲PDF(電子版/複製印刷制限無し)
③上演権(ロイヤリティ・フリー)
④1ドリンク

これらすべてを提供します。

内容は、10分~15分の短編のお芝居を6本(3本×2バージョン)です。すべて2人~3人で大掛かりなセット無しでも上演できる内容です。

希望される方には、演出上のアドバイスや出張ワークショップ、小道具の貸出なども、無償で行う用意があります。

まずは観てみたい!ぜひ公演で上演してみたい!部活の練習に使いたい!稽古のネタにしたい…どんな用途も大歓迎!

年末年越し差し迫った時期ですが、万障送り合わせの上、足をお運びください。



1 / 29712345...102030...最後 »


2017年12/27(水)~12/31(日)に池袋木星劇場にて行われた公演「NICE STALKER 短編演劇見本市2017」では、終演後のアンケート記入、WEB上のSNS、ブログ等でたくさんのご意見ご感想をいただきました。ここでは、その「ご意見・ご感想」のほぼ全文を公開させていただきます。


▼『NICE STALKER 短編演劇見本市2017』舞台写真を公開!と合わせてお楽しみください。


…ご自分のご意見・ご感想が載ってる!という方もいらっしゃるはず…探してみていただければ幸いです。




①終演後アンケートのご意見・ご感想【ほぼ全文】

※明らかな誤字脱字、個人情報に関わる部分等、不適切と判断した部分のみ削除した「ほぼ全文」を掲載させていただきます。
※WEBで表記できない絵文字等(ハートや太陽や電球、他イラスト)は「☆」で統一しています
※読みにくい部分には適宜読点を追加しました。


●プロジェクタで表示される上演や演出のワンポイントが、とても興味深かった。

●2作目の男性と制服の女性、3作目の男性、が印象に残りました。久々に演劇を観ました。俳優さん達の独特な世界観に引き込まれました。観に来て良かったです。お疲れ様でした。

●シリアスとコメディ、エロとコメディなど場面の「色」がしっかりと作り込まれていてとても面白かったです。①の照明のタイミングやチョイスがとても好みでした。幕間の曲のセンスが個人的にかなりビビッときました(笑)とても楽しい時間でした。ありがとうございました。②のイトウさんが印象に残りました。

●あずささん、すごく好みの可愛さ。浅野いにおの漫画の中の、あんまり可愛くない設定な可愛い子をそのまま実写化したみたいな顔ですごく好みです。つまり可愛い。衣装や設定や、セリフ一つ一つに作者さんのフェチズムを感じる、とてもこだわりのある脚本だと思いました。マンガみたいなお話は、切なくてセリフがキレイで深く、妹ちゃんが本当にマンガみたいで可愛くてすっごく可愛い。抱きしめたい。お話自体もすごく面白かったし、役者さんも全員がものすごく魅力てき。算数姉妹の屁理屈も大笑いした。また観にきたいです。ロリコン、どんなお話なんだろう。

●フジタさん、イトコさん、が印象に残りました。テンポとかギャグとかとっても面白かったです。言葉の使い方が楽しくて、聞き漏らさないようにじっくり見てしまいました。おつかれさまでした。

●藤本さやかさんのファンになりました。可愛いくて切ない。最初の霊能の女の子も超絶可愛い。山本光さんは美人さんだなあと思いました。帯金さん、今までみたなかで一番よかった。おつかれさまでした!ラブレター、家でにやにやしながら読みます。!

●先輩(イグロさん)、エミ(東京ドム子さん)が印象に残りました。毎回、楽しく観させていただいています。あいかわらずカワイイ女優さん達と個性的な男優さん達で次はどんなのくるか楽しみです。「暴力先輩」完全版期待しています。

●三女のパンツ。一瞬なのにこだわりを感じました。どこで買うの、あんなパンツ。

●皆さん大好きです!大変おもしろかったです。数学が好きな自分は、3本目の数学ネタの1つ1つに身が震えるような喜びを感じました。いつかオーディションを受けさせていただきたいです!

●ネリーさんが愛らしすぎて、あんなの反則だよと思いました。あの先生でなくとも手を出しちゃいそう。

●フジタさん、無表情だけど表情実は豊か!!☆短編集といいながら、本で言えば<連作>集のような、イトウさんワールドが一本軸に通っている約70分です。いろいろなシチュエーションや、芝居ごとの作劇の仕掛けが個々にありますが、その水面下に流れるワールドが、今後どうなっていくか楽しみです。開発中の作品もみせていただきお得感。☆今回観られたのはホント、ラッキーです。男子のみなさんイイ味です。女子のみなさん、みなみなカワイイです。そしてお芝居がステキ!!

●28日が連続で観させていただきました。2回目でも先がわかっていても楽しめました。イグロさんの演技は鉄板ですね。

●友太郎くんの役者の方、ツッコミがとても上手いなあと思いました!気持ち良かったです。ドム子さんキレイになりましたね!!おつかれさまでした。

●マンガみたいなが一番好きでした。新作だけあって、一番お話の広がりを感じます。お姉ちゃんに対する妹さんの思いが、表情で黙って立ってるだけで伝わってくるし、マンガ家さんの苦労がわかりました。ぜんぶ夢って話も、途中でわかっちゃうけど、たぶんそこは大事じゃなくて、妹ちゃんがお姉ちゃんとマンガを愛してるんだなってのが、言葉じゃないところで感じました。うまく言えないけど、他の2つはコントとかお笑い重視で、これは演劇だなって感じる理由でした。とにかく妹さんの藤本さやかさんの演技が優しくて、にくめなくて、すきです。お姉さんの、幸せになれなくてもいいから、なりたいものになりたいんだって言葉が心に残りました。名言。読者さんはたくさんいるけど、自分はたった一人しかいないっていう考えもよいとおもいました。早く本編で観たいです。あと、描いてたマンガが見てみたかった笑 他の2作品もすごく笑えて、役者さんもみりょくてきでした。次もたのしみです。

●イグロさん、フジタさん、いとこ、が印象に残りました。面白かったです。舞台のお知らせお待ちしてます。場内の音楽もなんか気になりました。

●イグロさんの、あの役の振り切り方が好きです。山本さんの出す空気が、かわいくて怖かった(笑)好企画だと思います。おみやげがついてくるお芝居、良いですね!!夜の会も来ます!!

●東京ドム子さん、その相手の方、山本光さん→頭おかしかったけど、何となく女性の思考の最たる感じステキでした。やろうとしてること、もっともっと感じたかったです!私の能力ではわかりきれなかった。

●帯金さん、早変わりおもしろかったです!!大森さん、このまま常連になってください。清野さん、はじめて拝見しましたがステキでした。明日も来ます。夏もたのしみにしています。

●とても面白かったです!!東京ドム子さん、印象に残りました。

●Sver.も観てのNver.どちらも楽しく観させていただきました。大森さんの再登場よかったです。ナイスストーカーの常連になってほしいです。いつもの人達の姿を見られるのもうれしい限りです。しんじ(大森さん)私(藤本さん)姉(帯金さん)3姉妹みんな、印象に残りました。

●どの台本も笑えて楽しかったです。会話のかけあいがテンポ良くて、飽きずにみられました。ドム子さん、ブルマをはくとはきいてませんでしたよ。めっちゃ驚いたよ。フジタマコトさん、先日「からまわりえっちゃん」の方で拝見しましたが、今日もとてもかわいかったです。

●イグロさんが印象に残りました。1つ1つの作品がそれぞれ違う味というか魅力があふれていて、短編じゃいい意味で満足できませんでした。次回の公演、都合があえば必ず観に行きます。

●計算姉妹のマギー、先生の赤パンツ、が印象に残りました。「霊媒遊戯」…「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク」に参加した経験を思い出しました。劇場の音響が良いのもあるのか暗闇だけど左右の音で演者の場所がわかって楽しかったです。暗闇だけで1時間イケます。「マンガみたいな」…まだぼんやりしてる。マンガのしめきりのテンパリ具合とかしっくりこない。

●テンポがよくてとても笑いました。エムジーが印象に残りました。

●久々にこんなに心地よいコメディ(?)観ました!心がほっこりしますね!寒い冬にぴったり!!(水着すごいですね…!!)藤本さん&帯金さん&大森さん、印象に残りました。

●3舞台それぞれに色があっておもしろかったです!

●ももちゃん脱がんのかーい!決めシーン、思わず拍手しそうになりました。写真撮りたくなるよね。分かる。映えるわ。「ロリコン…」実は観たことある人です。奇遇ですね。楽しそうで何より。

●初日だからか、フジタさんの台詞が…この後良くなる事に期待してます!シュレディンガーは卑怯だと思いました!

●藤本、帯金コンビは珍しい(初)気がしました。「マンガみたいな」の本公演楽しみにしています。

●どの作品もとても印象に残るものでした。「霊媒遊戯」は2人のやりとりがほほえましく、おもしろい部分が多かったです。「マンガみたいな」はお姉ちゃんが3役演じこなしてるのがすごく、妹も愛きょうあるキャラでかわいかったです。「計算姉妹」は3姉妹それぞれの話がよくできていておもしろかったです。

●全員おもしろかったです。全ての台本に笑い所があっておもしろかったです。短い時間なのにオチまでキレイに流れがとぎれないで楽しかったです。

●しんじ(霊媒遊戯)お姉ちゃんが印象に残りました。

●次女可愛すぎ。夕食を食べに来るかい?

●おもしろかったです。上演台本は使わないです。ありがとうございます。いかに頭良さそうに下ネタを言うかということに長けていたと思います。

●量子的な彼女を思い出しました。俺のシュレディンガーでお前をヒッグスしてやんよのセリフとか、笑ったので既視感ありましたが、よく考えたら上演年としてはこちらが早いので、むしろこっちが原作なんですか。昼にNバージョンも見たのですが、帯金ゆかりさんと藤本さやかさんの姉妹ものは、去年も拝見しましたがやっぱりぐっときました。量子的の時の藤本さんと主役の池田さんとのやりとりでも思いましたが、にじみ出る百合感、はんぱないです。好きな人は気づくし、気づかない人も何かに気づくような。ちょっとずつ知らない間に毒をもられてることに気がつかないうちに、笑わされてラストシーンまであっという間に連れて行かれるイトウさんの筆力には、毎度舌を巻きます。今回新加入の若い子たちにも才能を感じました。

●みんなエレガントでした。おもしろかったです。お酒もおいしかったです。清野さんが印象に残りました。

●みなさん本当にステキでした。面白かったです。生々しい場面が苦手だったけどその緊張感も楽しめました。

●先輩が印象に残りました。テンポの良い会話にとても引き込まれました。先輩の全力の演技がすごく好きでした。対象的な私の淡々とした感じですごく笑いました。イトウとエミの意味深な話し方も好きです。素敵な時間をありがとうございました。おつかれ様でした!

●各演目解釈がとても必要となるもので、3回くらい見たいと思いました。キャストのみなさんの力強さもあり、非常にひきこまれました。本当に素晴らしかったです。また来ます。友子が印象に残りました。

●楽しかったです。

●イトウ・ローラ役の方が印象に残りました。1本目で暗転の中で芝居が進んでいるにもかかわらず、遅刻してきた客を入れるためドアを空けるとは、芝居をブチ壊す行為だ。劇団側の反省をうながしたい!

●なんか…すごかったです!!笑 エネルギーすごい!!いとこ(出落ちじゃなかった!!笑)、さいごの女性役が印象に残りました。

●下ネタ多い。唾が飛んでて面白い。←照明とあいまってキレイ。ラストの項目の2人が印象に残りました。

●N、S、それぞれ2回観ました。何回観ても楽しめました。今回は清野さんの小悪魔のような演技がすきです。大森さんも2回目。続けて参加してほしいです。

●3つめの次女さんが小悪魔過ぎて悶え死にました笑 あんな顔ずるいよ。山本さんのお姉ちゃんの嫉妬心が隠された数式で板書されて切なく伝わる。だけど、結局末っ子可愛いとは…やっぱ女の子は若いほど良いって考え方なんでしょうか。1つ目の小学生女子だと気づかずに最初観てましたが、最後しゃべった時に声で気付いておお…ってなった。一番年下(役)なのに体張ってんなー。先生役、もうずるい。何言っても笑える。真ん中の話の妹ちゃん、すごく演技トーン好きでした。めがねの顔がとにかく可愛い。声和む。大好き。こんなしゃべり方できる女優さんみたことないし、朴とつなだけじゃないしとっても上手。お姉さん役も堂々としてて、力みの強い演技で(おしばいの)ジャンルが違い感じの感じもあれど、そういう違い?を見せる演出(指導?)なのかな。お姉ちゃんの人生に対するセリフがとてもきれいで良いこと言うなーと思いました。あんなお姉ちゃん欲しい…かな。いじわる!いい女優さんたくさんみつけました。楽しめる劇団さんが一つ増えた。ありがとうございました!

●おもしろかった。

●くっそ、ラブレター&カクテルとかどこのアイドル商法だよ…全部欲しいよ!(DVD買ったら、逆バージョン観たくなってお財布が心もとないので、今は姉妹の2通買って我慢します。)あの二人みたいな関係、すっごく共感できる。

●「宇宙には行けない」のエミの方、印象に残りました。今まで全く見たことのないジャンルで、新鮮に見られました。ももこさんのはっちゃけ具合すごく好きでした!

●マンガのお姉さんタイプでした。妹さんのぼやっと感も好きです。大森さんが気持ちわるくておもしろかった。

●算数先生がイケメンで変態。つまり最強笑

●佐藤桃子さんが印象に残りました。とても不思議なテーマで難しかったけれど興味深い作品でした。皆さんとても演技派でとても入り込めました。

●音楽がすばらしいです。ラブレターの企画おもしろいです。すばらしい役者さんばかりで大満足です!ガラケーの部品のとび具合がビックリです。けいこば日誌いつも楽しく読んでます。3作ともお話おもしろかったです。次回公演も楽しみです!印象に残ったのは全員ですが、一人挙げるとしたら、山本さんです。

●みなさんステキでした!!おもしろかったです!

●各作品全ての女の子が妙にきゅんきゅんするといいますか。心にストライクいうますか。ニヤニヤしてしまいました。面白いし、楽しかったです。1番目の男性(先輩)が印象に残りました。

●N①何故照明を点けない?と思って観ていたが、展開にびっくり!N②1人3役はちょっと難しいかな!N③いや、末妹が一番のやり手だとはおどろきの結末。数学をとりこんだストーリーは画期的。S①「暴力先輩」というネーミングは当たっていない。ストーリーは秀逸。本番上演が楽しみ。S②海女の衣装は「あまちゃん」の放映時なら受けたかもしれないが、もう考えたほうがいい。哲学をもりこんだストーリーは上出来。S③なぜジャージ姿にヒール?これもまた展開にびっくり!

●②くっだらなくて面白かったです。素敵な声。③ホラーみてる気分。印象に残ったのは、イトウくん、エミちゃん、友子。

●おもしろかったです。短編なのでもの足りないと思っていたが、しっかりとした展開となっていてよく伝わってきました。

●台本がもらえるという企画は面白いと思いました。帰ってから読んでみます。暴力先輩がコミカルで好きでした。女性の方が上手だと思いました。

●3作品とも、とてもすばらしいお話だったと思います。役者さん全員ともみりょく的で、すばらしいです。次回公演も楽しみにしてます!印象に残った役は、全員ですが、しいて挙げるなら、藤本さんと帯金さんです。

●霊ばい遊技がおもしろかった。笑えたし、女の子の気持ちが切なくて可愛いし。それにつけこむ霊感サギ師男子ゲスい純情。最後は逆転のオチで幕切れ美しいさすがの脚本。撮影会は苦笑が止まらず!カメコ爆笑 ローアングラーにプロ感があり◎算数少女もかわいいかったし先生イケメン、マンガは陽気にせつなく妹声いい。もっとみたいぞ。女優ぜんぶ美人でびっくり。

●女性キャストさん皆とても可愛かったです!!下ネタ多くて初観劇の後輩にはシゲキ的だったかな(笑)と。ナチュラルに入ってくるの笑いました。ぜひ私の所属している演劇部でも読み合わせしたいですね!!!( )二人劇すごかったです…表情とかセリフの表現とか、間近で見れて幸せでした。瀧さんのさけぶ演技好きです!!瀧さんのラブレター頂きました!ありがとうございます!

●1999の恋人観てからすきです。おはなし、舞台の作り、たのしませて頂いてます。「ロリコンのすべて」行きます。気になってました。

●たのしかったです。最初の霊能遊ぎはお二人の演技がとても初々しくて良かったです。本当に小学生の人が演じているように感じました。セリフの言葉がとてもよく考えられていて、お話も先が読めなくてずっと楽しめました。二人芝居なのに、3人の登場人物を入れてくる霊能力の設定がよかったと思いました。マンガみたいな、はお話が一番好みでした。作家さんの本心が書かれてるのかなとちょっと思います。最後に夢だって明かされて、ぜんぶお姉ちゃんがやってたじゃん、というのが、観客が見てて知ってるのを逆手に取った演劇ならではの演出だと思います。一本取られたと感じさせられました。個人的に、うちの部で読み合わせしてみたいと思いました。妹役の人が演技が演技みたいに見えない自然な話し方がものすごく上手で見習いたいです。お姉さん役の人は演技がちょっと大げさだと思いました。でも深みのある役でした。最後の算数の話が一番おもしろかったです。先生がいちいち、理屈をつけて変態な事をするのがツボでした。ネリー役の人が、演技が女子が見ててもすごくかわいくてよかったです。ありがとうございました。また観にきたいです。

●観劇自体が初めてだったので、とても新鮮でした。役者さんが近くて迫力とか細かい表情が見れてすごく楽しかったです!!なんとかのねこのライトの演出がおもしろかったです。伊藤くん、いとこちゃん、ゆうくん、が印象に残りました。

●難しい回もありましたがとてもおもしろかったです。後輩とみに来ていたので正直これ大丈夫かなと少しヒヤヒヤしてましたが、色々な所で笑っていたのでよかったです。家で台本をよみながら内容をもう少し考えてみようと思えました。本当にありがとうございました。瀧さん、イグロさんが印象に残りました。

●S おもしろかったです。まじめにギャグを言ったり、男女関係を楽しくしていたりよかったです。

●ホトケさんの先生役が印象に残りました。ホトケくんのゲスい役がよかったです!笑

●いつもけいこば日誌楽しく読んでいます。ラブレターの企画かっき的だと思います。オリジナルドリンク美味しいです。音楽の選曲がワンダフルです。大満足です!a=0.999…のくだりが感動的でした。佛淵さんがすらっとした長身でかっこよいです!次回公演もとても楽しみです。

●面白かったです。3本目、なんかデジャブな気がする…。王子あたりの公演で似たようなネタを使っておられませんでしたか?ラストの「0=ラブ」の落とし方がオシャレでした。印象に残ったのはマンガ家さん(妹さん)と三姉妹の次女さん。

●Sバージョン 男女の妙な関係面白いね。お疲れ様でした。楽しい時でした。

●3作品共おもしろかったですが、これが短編でないとどうなるんだろう?と思いながら観ていました。フジタマコトさんが印象に残りました。

●皆さん素敵でした

●イグロヒデアキさんは唾飛ばしすぎなのを気をつければ最高得点です笑 個人的にブルマの子は雰囲気ありますね。男子学生役の方、変態感ありました。あまちゃん?はなんかモノホン感がヤバかった笑 フジタマコトさんの演技はどくとくの間があって、いつもユーモラスで良いです。今回、山本友子さんは、かわいすぎて逆にこわい。豊満なボディに眼福でした。良い新年を迎えられそう。

●宇宙には行けないの男性の方!印象に残りました。

●とてもおもしろかったです。いつものテイストで楽しめました。テーマは純愛だと思ってます。特に3話目、友達以上恋人未満 サイコパスか純愛かの間の感じが好きです。

●面白かった。ホトケウチさんが印象に残った。

●S、N、昼夜と両方見ました。いつものイトウ節が全開の素晴らしい脚本。短編もこんな凝った内容でこんなに色々なジャンルのストーリーが作れるとは、博識さに驚きました。家に帰ってじっくり読んでみたいと感じさせられました。新人さんも含め、どのキャストさんも個性が生かされた素晴らしい配役で、皆大好きでした。ナイスストーカーはやっぱり役者さんの魅力とイトウ氏の台本の融合がウリなんだと思います。イグロヒデアキさんの暴投気味な先輩に圧倒され、帯金さんのいつもと違うしっとりした好演にこんな事もできるのかと驚き、そして山本光の演じ分けの幅の広さ。それに若手が全然負けていない。そして来年はスズナリでロリコンの再演ですか…!この流れ…有り体に言って、わくわくします。楽しみ。

●言葉のセンスが秀逸でした。先輩がおもしろかったです。

●まんがみたいなの妹役の女の子がインパクトのある可愛らしさで印象的でした。絶妙なコメディで笑わせて頂きました。会話のテンポが良く、こねくり回したへ理屈だったり、でも最後に全体が見えるととても面白いと感じる作品でした。

●6つの中では「暴力先輩」が一番面白かったと思いました。ただ先輩、つばが飛びすぎ…最前列のお客さんで気にしている人がいましたよ。

●帯金さんの3役早変わりの流れは、最後まで見たときに「ああ、そうなんだ!」と思い返してうなづくような、絶妙な温度で(ステロタイプな酔っぱらいとか)あったと、2回目見て思いました。山本さん、NとS両方で全く違うタイプの女性を演じていらしてますが、どちらもたいへんステキです。(計算姉妹のお姉さん、とてもよかった)。イグロさんピカ一。→そして!!帯金さん!!☆キラキラ☆→山本さん☆フラッシュ…痛くなってスイマセン。『計算姉妹』「女子と算数」のテイストに「ロリコン」の空気も入ってるようで、はじめてなのにデジャビュのような味もある芝居でした。ナイスストーカーの皆さん 今年もすてきなお芝居をありがとうございました。来年の公演もたのしみにしています。



②Twitterのご意見ご感想のまとめ


↑もっと感想ツイートを見る場合は「Twitterのその他のモーメントを表示」をポチしてください。(まだまだあります!)


③その他WEB上のご意見ご感想

●CoRich舞台芸術「NICE STALKER 短編演劇見本市」観てきた!(感想)
●「短編演劇見本市」~NICE STALKER ~ ( 観劇 ) – 「いちご大統領の演劇・畑」 – Yahoo!ブログ
※随時追加予定



…たくさんのご意見・ご感想、まことにありがとうございました!今後の活動の参考、励みとさせていただきます!



▼『NICE STALKER 短編演劇見本市2017』舞台写真を公開!も合わせてお楽しみください。


1 / 29712345...102030...最後 »