▼「演劇ぶっく」誌で初めて特集された、佐藤佐吉賞2015最多6部門受賞作の紹介記事 展示の様子_5661 作家イトウシンタロウを主宰とする「個性的な女子」をフィーチャーした作品制作を行う団体です。最新のWEBやIT、プログラミング技術を駆使し、デジタル・ネイティブ世代の肌感覚に沿った「オンラインの身体」の実感を舞台上に再現しています。イトウの個人企画を経て2014年頃より正式に団体名を「NICE STALKER」として活動しています。

●2014年「女子と算数」で佐藤佐吉演劇祭2014+「八洋特別賞 最優秀チャレンジ賞」「優秀宣伝美術賞」を受賞。
●2015年「表現の自由よりも大切なこと、あるいは無害な芸術の話『ロリコンのすべて』」で佐藤佐吉演劇賞2015にて、全団体中最多となる6部門「優秀脚本賞」「優秀主演女優賞」「最優秀音響賞」「優秀照明賞」「優秀舞台美術賞」「最優秀宣伝美術賞」を受賞。
●2016年 東京芸術劇場アトリエイーストにて展示発表した「いきなり魔王」(イトウシンタロウ=企画&シナリオ&ディレクション)でティラノゲームフェス2016準グランプリ[優秀賞]を受賞、同時期に日英ゲーム翻訳コンテスト「LocJAM JAPAN」課題作品にも選抜される。11月に上演した「量子的な彼女」では藤本紗也香が佐藤佐吉演劇賞2016にて「優秀主演女優賞」を受賞

■雑誌
▼劇作家イトウシンタロウの月イチ・執筆修行日記!/「えんぶ」2020年4月号掲載
※次回公演に向け、真冬の滝行や4日間の執筆カンヅメ合宿等に赴くイトウの様子をセルフレポートした記事です。(同号掲載の「えんぶチャート2019」には、前年に行われた公演の「暴力先輩」や「本物高校生vs偽物高校生」に加え、それらの出演俳優たちがランクインし掲載されています。)
▼大稻埕国際芸術節(ダダオチェン国際芸術祭in台北)参加レポート/「えんぶ」2020年2月号掲載
※2020年1/9発売の「えんぶ2月号」に掲載された「NICE STALKER IN TAIWAN セルフレポート」記事です。2019年10月に台湾の大稻埕国際芸術節(ダダオチェン国際芸術祭)でやったNICE STALKER 初の海外上演の特集記事がカラー4頁で載っています!「台湾に縁もゆかりもない、中国語どころか英語もロクに話せない」自分たちが、どうして台湾で演劇をすることになったのか。冗談みたいな本当の話をまるっと載せていただきました。
▼エンカケ エンゲキ×ナゾカケ/シアター情報誌「カンフェティ」2020年5月号掲載
※3名のエンカケ人(ナゾカケをする演劇人)が「演劇」と4月のトレンドワードをかけ合わせたナゾカケを掲載するコーナーに、イトウが登場、掲載されました。(ちなみに、お題は編集部から出された固定の内容です。)
▼「自分にも社会にも多様性を」イトウシンタロウ・インタビュー/「えんぶ」2019年12月号掲載
※多様性やポリティカル・コレクトネスをテーマとした2019年の本公演「暴力先輩」の特集紹介記事として、同号最多ページの全8ページで特集していただきました。作品テーマについてのイトウへのインタビューの他、主演二人の対談、出演者や舞台写真の紹介等が掲載されています。
▼【イトウシンタロウ特集】ロングインタビュー6ページ(+公演紹介)/「えんぶ」2017年8月号掲載
※2017年7/9発売の「えんぶ8月号」に掲載されたイトウシンタロウのロングインタビュー記事です。作家・演出家としてのイトウのスタートから現在に至るまでの経緯や、内面について、4時間以上に渡るインタビューから超ページの記事にしていただきました。あわせて直近の公演「1999の恋人」の作品や出演者紹介等も掲載されています。(過去の記事ですが、電子版ならまだAmazon等で購入できるようです。)

他、掲載多数。
過去のメディア掲載については、各公演・企画ページから詳細を御覧ください。



他にも、多数の過去作の写真を公開しております。
各公演・企画ページから御覧ください。


※過去公演の記録、舞台写真、アンケート全文を【⇒こちら】で公開しています

●2014年、団体名義を正式に「NICE STALKER」として佐藤佐吉演劇祭2014+に参加し「女子と算数」を上演。全てのステージに定員を超える観客が来場し、現在でも再演を望む声が多く聞かれる、ナイスストーカーの代表作となっています。同作で「八洋特別賞 最優秀チャレンジ賞」「優秀宣伝美術賞」を受賞。

●2015年、観客が自分のスマホ・携帯電話からリアルタイム投票で展開を決定するストーリー分岐型演劇「神様の言うとおり2~夏の夜の夢の超特急~」を開催。投票システムをプログラマと共に開発し、βテスト公演と称した実検公演を経て、シアター風姿花伝にて本編を上演しました。投票権が100倍になる100万円チケット等、様々な企画がイベントとして話題を呼び、演劇ぶっく、シアターガイドなどを始めとする多くのメディアに取り上げられました。

●2015年公演「表現の自由よりも大切なこと、あるいは無害な芸術の話『ロリコンのすべて』」が「佐藤佐吉演劇賞2015」で、前年末に王子小劇場で上演した全団体で最多となる6部門を受賞。観客からの反響も非常に大きく、演劇ぶっく2016年3月発売号では、見開きで4ページの特集記事が組まれる等、団体にとって、エポックメイキングな作品となりました。

●2016年7月には東京芸術劇場アトリエイーストにて、これまでの活動成果を展示する展示会、過去台本のオープンIP化などで話題を集めました。2016年9月にはイトウが企画・シナリオとディレクションを務めたゲーム「いきなり魔王」がティラノゲームフェス2016にて準グランプリを受賞。同年11月の公演「量子的な彼女」では「新本格☆理系演劇」を銘打った異色作を上演、主演の藤本紗也香が「佐藤佐吉演劇賞2016」にて「優秀主演女優賞」を受賞しました。

●2017年5月に下北沢 駅前劇場に進出し「1999の恋人」を上演、動員記録を更新。また批評家・HEAD代表の佐々木敦氏をゲストに招いたアフタートークイベントも開催。夏秋期には、兵庫県明石市での高校生合同合宿のWS講師、山梨県の高校演劇地区大会にて審査員等、高校演劇界でも活動。

●2018年8月に下北沢ザ・スズナリに進出し代表作「表現の自由よりも大切なこと、あるいは無害な芸術の話『ロリコンのすべて』」を再演。最高動員記録を更新。また元参議院議員で表現の自由を守る会代表の山田太郎氏をゲストにアフタートークを開催し、話題となりました。

●2019年1月、現役高校生と大人の俳優が、高校演劇界の名作である畑澤聖悟 作「修学旅行」を競演する実験公演「本物高校生vs偽物高校生」を開催。「本物の俳優」が演じる「偽物の高校生」と、現役高校生の演技のどちらが、より「高校生らしいか」を問う企画性が話題となり、チケットは全席完売。教育関係者、および多くのメディアに取り上げられました。9月には多様性とポリティカル・コレクトネスをテーマとした新作長編「暴力先輩」を発表、団体の最高傑作とも評され、「えんぶ」誌上では8ページの特集記事で紹介されました。また10月には台湾の大稻埕国際芸術節(ダダオチェン国際芸術祭in台北)に参加し短編を上演、初の海外進出公演を果たしました。

●2020年4月に上演を予定していた新作長編「スペキュレイティブ・フィクション!」を、コロナ禍の「緊急事態宣言」を受け急遽延期。延期公演の日程は未定のまま、「先行予約予約」受付イベントをオンラインにて開催し、観客の皆様との再開を約束して一旦公演活動を中断しました。

※過去の活動歴・舞台写真・公演アンケート全文公開等は、こちらからご覧いただけます。


お問い合わせはこちら