昨年7月に上演した、佐藤佐吉演劇祭2014+参加作品『女子と算数』が、2014年に王子小劇場で行われたすべての公演の内、特に優れた成果を収めた作品・人に送られる「佐藤佐吉賞2014」の「優秀宣伝美術賞」に選ばれました。





今日(2015/1/19)は、その授賞式兼新年会が、王子小劇場で行われ、「優秀賞」の中からさらに「”最”優秀賞」を選んで表彰するという式でした。




結果、「”最”優秀宣伝美術賞」は女子高生たちの手に渡り、




↓ちなみに、最優秀宣伝美術賞のは、こんなチラシだったみたいです。




(デザインは、某演劇雑誌ぶっく等のDTPデザインをされている方です。…プロい!)

その後も、なんだかんだ、楽しいイベントや、






2014年に上演されたお芝居の各賞の発表等が続き、




最後に、謎多き劇場代表の玉山さんからの挨拶があって、




今年…始まったな!と思いました。









▼前の記事
«
▼次の記事
»