えー、じゃあ引き続き役者の皆さんに、
”役に立つ意見”を順番に言ってもらいます。

kyakuhonkai_0005
↑2013年7月某日。次回企画「神様の言うとおり2 ~夏の夜の夢の超特急~」脚本検討会に集まった、役者13人とスタッフ3人
▼前回の投稿
⇒【脚本検討会 03】分岐は面倒くさいです!【神様の言うとおり2】

▼前前回の投稿
⇒【脚本検討会 02】たくさん書きましたね(棒)【神様の言うとおり2】

▼前前前回の投稿
⇒【脚本検討会 01】役者の意見は聞きません!【神様の言うとおり2】

「あ!はい!」

どうぞ。

「なんかね、最初の選択肢の前に、もっと簡単なやつが欲しい。」

練習的なのを入れた方がいいってこと?

「うん、そう。やっぱ、いきなり大事な選択肢選ばなきゃってなると、わたしが馬鹿なのかもだけど、え、え?ああーってなっちゃう」

確かに、それはイトウも思ってました!
入れましょう!どうでもいいエロサービス系の選択肢で。

「別にエロサービスじゃなくていいけど。」

いや、エロサービスで!

「ていうか、いっそ、チュートリアルの時間を作ったら、いいと思いますよ?」

ああー、確かに!

「最近のゲームって、必ず最初にチュートリアル的なストーリーがあるじゃないですか。それやってるうちに自然にプレイできるようになる」

入れましょう!チュートリアル!

「で、で、実はその何でもないチュートリアルの選択肢が、物語を左右するほどの意味を持ってるみたいな、裏切りっていうのもあるとか」

それは、出来たら格好いいですねー。

kyakuhonkai_0013

「あのう…」

はい?

「ちょっと、違うかもなんですけど。前回1度だけあった、50対50で票が分かれるのって、今回またあったらどうします?」

「ああ!あったねー!奇跡の50%50%」

あれねー。リアルに舞台上の人間が焦って、お客さん笑ってたけど。考えてなかったんだよねー。

「考えとけよ(笑)」

衣装選ぶやつで、「大人の魅力」か「ロリータ」かみたいのね。本番中にメーリングリストで連絡しあって。楽屋で結局、両方の衣装着せて。スライド映像のテキストも、ブースのPCでその場で作って表示して…。盛り上がったけどねー。

「あれ、また出たら、もうわたし困ります…」

いや、むしろ、出て欲しいよね。お客さん相当盛り上がったから。

「票を不正に操作できないんですか?」

できるようにしたいくらいだよねー!

「ていうか、それ非常用に出来るようにしとかないとダメなんじゃないですか」

んー、不正というか、リハーサル用にそういう機能あった方がいいとは思ったよね、前回。

「なるほど、なるほど」

kyakuhonkai_0025

他にどうですか。

「●●●●って*****だと思うんですけど、これホントにやる気ですか?」

もちろん、やります。女子のみなさん、よろしくお願いします。ゲヒヒ。

「うおー!マジかー!!!」

(※以降、ネタバレ防止のため、略!)



(30分経過)



…えー、ありがとうございました。なん か、想像してた3倍くらい、役者のみなさんが的を射た指摘をしてきて正直びっくりしました。ここ言われたら嫌だなってこととか、こっそり隠してたとことか、全部言われて、思ったのの8倍くらいためになりました。

「や、わたし、いいこと言うでしょ?バカにしてるけど。マジむかつく」

すみませんでした。ありがとうございました。

台本の内容については、だいたい出尽くした感じですが、技術的な面からはどうですかね、STUDIO OVER DRIVEオカザキさん。

「あ、今の時間の間にちょっとPCで作って見たんで、見てもらっていいですか?」

kyakuhonkai_0012

え、今の間になんか作ってたんですか?

「投票の表示のイメージと、あと3D投影の化物と雪?ですか。こういうのっていう映像あるんで、みんなに見てもらったら分かりやすいと思うんですが。この部屋ディスプレイありますよね?ちょっと繋ぎます?」

マジすか…??



(続く)