ごきげんよう、フジタです。

「女子と算数」、ちゃくちゃくと封切り迫っております。
なかなか面白い作品になってっております!

このお芝居に出ることを告げると、たまに「どんな役?重要な役?」等、聞かれるのですが、まぁ変化球でお答えするなれば…
ちょっと驚かせることがあるかもしれません。少なくとも私が東京に来てから出会った方々には、あまりと言うかほぼ見せたことがない姿をお見せします。 乞う、ご期待。

写真は台詞合わせ中の、秋月愛ちゃんとイグロヒデアキ氏。
それにしても、昨今の演劇人の稽古着ってお洒落になったな!昔は、(と言えるほど昔からやってはいないけど)ダンスの人たちなんかに比べて、貧乏臭いイメージがムンムンと放たれていた気がするのですが。むろん自分も含めですが。

さてさていよいよ月曜でこの稽古場ともお別れです。荷物まとめなあかんな。

ごきげんよう、さようなら。