ども、\木内コギト/です。

本日は、『神様の言うとおり2~夏の夜の夢の超特急』RC版の公開日でした!!


image
写真は、RC版の前の稽古の様子。
この後、スタッフさんや、関係者などが続々稽古場にいらした訳ですが、ネタバレになるといけないので、RC版の写真はヒミツ☆
というか、私も出演者ですもので、写真とか撮らなかったのです。

・・・てか、RC版って何?
まぁ早い話が、公開通し稽古、みたいなものでしょうか、私もよく知りません。
RC版、にまだなっていないという噂もありますが、私はよく知りません!
ただ、現段階でも、自分の出番前のシーンを見てたら面白くって自分の出番を忘れて危うく出損ねるぐらいで、なんというか、魅力的な座組みだなぁと思います。



演出のイトウさんは流石(ナイス)ストーカー気質で、なかなかに偏執的に俳優にオーダーを出しますが、他人のシーンなど見ていると、それが確実に俳優の魅力を引き出しシーンが良くなっていくので、自分もなんとか演出意図に沿いたいなぁと思うのですが、イトウさんのストーカー的スケベ趣味が自分になかなかインストールできなくて難しいです! 他の俳優さんからは「性欲を出せ!」とアドヴァイスを頂いております。「マカを飲め」とか。

ナイスストーカーといえば、一風変わった企画性の高さと、イトウさんの変態趣味満載の脚本の世界観(とそこに投入される女優)とが売りだというイメージがありますが、実は演出が俳優の演技に対する的確な目線を持っているというのは、演劇としての精度を支える重要なポイントだと思います。
(ただし、萌えシーンはイトウさんが萌えればざる、という噂も・・・)



今回の公演、いろんな面白どころがあると思うんですが、ワタシ的に、こないだ稽古みててはわわ!と思ったのは、グルーヴ感でございます!
本番も近づいて、俳優も全員集合したりして、急にグっとグルーヴ感が出てきたなあ!と。
こりゃあ、面白くなりそうだなぁ!と。

別にワタシ普段からグルーヴ感とか意識して芝居したり観たりしてるわけではなくて、今回初めて感じたのですよ。
準備期間の長さや、固定の稽古場があること、イトウさんの人選、なども要因だと思うのですが、やはり、イトウさんの女優たちへの愛と、女優の作品への献身と、男優の・・・にぎやかし(?)の成果かな、と。
(あと、台本の遅さが危機感を煽ってチームの一体感を高めているのかも・・・しれない)



なにせキュートで個性的な10人の女優たちと、「イケメンがいなくて困る」とイトウさんに言わしめた(でもイトウさんが選んだ)3人のわきまえた男どもが、惚れた腫れたのすったもんだを繰り広げる、現代の夏の夜の夢、着々と発車の準備が進行中でございます!

2月のβ版をご覧になった方には、同じシーンなのに同じじゃない!ってところも一つ見所かと!
いろいろ変わってます!

7月最後は、是非、シアター風姿花伝へ! 「神様」として「プレイ」しにいらしてください!!